1号機に揺れ感知装置なし 地震後、緊急停止せず 苫東厚真火力発電所(北海道新聞)

[ 元の記事 ]
出典元: 報道機関に公開された苫東厚真1号機(大城戸剛撮影)

北海道電力は20日、胆振東部地震の影響で停止した苫東厚真火力発電所(胆振管内厚真町、総出力165万キロワット)について、地震の揺れを感知して自動停止する安全装置が2、4号機には搭載されているのに対し、1号機には搭載されていなかったと明らかにした。このため1号機は、地震直後に2、4号機が停止した後も17分間稼働し続け、結果的に「ブラックアウト」(大規模停電)発生を遅らせた。

【動画】苫東厚真火力発電所を公開

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする