「雑穀」市場規模 500億円に拡大 -もち麦ブームが市場をけん引-(健康産業新聞)

[ 元の記事 ]
出典元: もち麦人気を追い風にさらなる活況を見せ始めている雑穀市場

栄養価の高さやスーパーフードとしての認知度アップにより、ますます注目される雑穀。健康志向の高まりから食生活を見直す一般消費者が増えたことで雑穀の需要が拡大している。

各種メディアでも大麦の機能性がクローズアップされており、近年では「もち麦」(もち性の大麦)がブレイク。テレビ・雑誌等のメディアへの露出も増加し、新製品の上市も活発化。市場での流通量も拡大し、再びもち麦が活況を呈している。

日本雑穀協会の調べによると、雑穀の市場規模は約500億円。「以前は約300億円規模と言われた市場が、この数年で飛躍的な成長を遂げている」としており、その要因について「もち麦の爆発的ブームによる市場の拡大」と分析している。

また、雑穀関連の加工食品で特に顕著な伸びを見せているのがグラノーラ市場だ。「おいしい、手軽、健康」というキーワードから、健康を意識する女性層や忙しい主婦層を中心に、朝食市場で一気に需要が拡大している。日本スナック・シリアルフーズ協会が発表した平成29年のグラノーラ市場規模は393億円で、ここ10年ほどで約10倍に拡大した(平成19年度は39億円)。グラノーラ市場は今後も堅調に伸びると予想され、雑穀メーカー各社では原料の採用が進んでいることから、さらなる市場の拡大に期待を寄せている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする