「一番風呂は体によくない」ってホント?(All About)

[ 元の記事 ]
出典元: よく耳にする「一番風呂は体に悪い?」という質問。実は本当なのです。迷信のようにも思われそうすが、科学的根拠もあります。一番風呂と二番風呂以降の違い、いつも一番に入る人や一人暮らしの人はどうすれば良いかを解説しましょう!

一番風呂とは、その名の通り、お湯を入れたばかりで誰も入っていないお風呂のこと。つまり、水道水を沸かしたままということで、湯の成分は水道水そのものということになります。

日本の水道水は世界的に見てもとても質が高く、全国どこでも安心して飲むことができます。現在、日本の水道水は1957年(昭和32年)に制定された水道法によって厳しく規制を受けており、その安全性は折り紙つきです。当然、お風呂に使うのにも全く問題がありません。

しかし、日本の水道水は狭い国土で採水されるものなので、雨で降って水が地中に滞在する時間が大陸の諸国よりも短いために、ミネラル分が少ないいわゆる「軟水」が一般的。当然、一番風呂の湯にも溶け込んでいるミネラル分は少ないのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする