17年度通販市場、7.5兆円に拡大(健康産業速報)

[ 元の記事 ]
2017年度の通販市場が前年度比8.8%増と大きく伸び、7.5兆円市場となったことが、日本通信販売協会が27日に発表した調査結果の速報値でわかった。ネット通販が市場を牽引した。

 通販協の会員462社を対象とした調査から売上部分を先行集計し、有力非会員307社の売上を加えて算出。その結果、17年度の通販市場規模は、前年度から6100億円増えて7兆5500億円となった。

 通販市場は19年連続で拡大、直近10年の平均成長率は6.9%となっている。引き続きネット通販が拡大を牽引。また24時間専門チャンネルなどテレビ通販が伸長した。商材ではアパレルが伸長した。

 健康食品については、2ケタ増を記録する企業がある一方、売上が伸び悩む企業も。配送運賃値上げも企業の利益に影響を及ぼしている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする