坂田信夫商店、黒にんにくゼリーを開発(健康産業速報)

[ 元の記事 ]
坂田信夫商店は、黒にんにくを食べやすくしたゼリータイプの商品を開発した。

 同社は、1回に約2トン製造できる「黒にんにく製造機」を完備した西日本最大のにんにく専用工場を持つ。「国産黒にんにくペースト品」は、生鮮用の黒ニンニクの持つ、高い甘みと独特の酸味を活かしつつ、添加物未使用でペーストに加工・製品化、外食大手やコンビニメニューへの採用など幅広い活用が進んでいる。「より食べやすい形状で」との声が多いことから、ゼリータイプの商品を開発した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする