東洋酵素化学、台湾産スピルリナの供給開始(健康産業速報)

[ 元の記事 ]
東洋酵素化学は、新たに台湾産スピルリナの原料供給を開始した。

 同社は長年にわたり、ハワイ島・サイアノテックコーポレーション製造の「スピルリナパシフィカ(ハワイアンスピルリナ)」を供給。スムージーや青汁などの需要拡大で供給量が増加している。

 台湾産はハワイ島産と比べコストパフォーマンスに優れているといい、同社では旺盛な需要に応える体制を整えた。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする