高まるニーズ! 「快眠サポート」、機能性表示で注目上昇(健康産業新聞)

[ 元の記事 ]
出典元: 快眠サポート、ポイントは“良質な睡眠確保”

快眠サポート食品の需要が高まっている。

1日の平均睡眠時間が6時間未満の成人の割合は、男性36.1%、女性42.1%で男女ともに40代が最も高かった。ここ1ヶ月、睡眠で休養が十分にとれていない割合は全体で20.2%となり、平成21年の調査以降、有意に増加している。アサヒグループ食品が働いている20~50代男女800人を対象に実施した「日常の睡眠に関する調査」では、自身の睡眠に満足度している人は16.3%で、8割が「満足していない」と回答した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする