薬物依存症の専門医療機関、広島県が新たに選定 – 県内3施設目(医療介護CBニュース)

[ 元の記事 ]
広島県は19日までに、薬物依存症治療の専門医療機関を新たに1施設選定したことを明らかにした。薬物依存症に対応可能な専門医療機関(拠点機関を含む)は県内で3施設目。【新井哉】

 2016年5月に閣議決定された「アルコール健康障害対策推進基本計画」では、アルコールの健康障害に関する予防から治療・相談まで「切れ目のない支援体制」の整備の必要性を挙げ、アルコール依存症の治療拠点となる医療機関の整備を求めていた。

 広島県は17年に依存症専門医療機関の選定要領を策定し、「原則として二次保健医療圏に1カ所以上配置する」といった目標を明記。同県は18年3月に瀬野川病院(広島市安芸区)を拠点機関として選んだのを皮切りに、4月から6月にかけて専門医療機関(7施設)を選定してきた。

 今回、薬物依存症の専門医療機関として選ばれたのは、呉みどりヶ丘病院(呉市)。同病院は4月にアルコール健康障害の専門医療機関として選定されており、呉保健医療圏内の依存症治療の体制が拡充された形だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする