富山県、依存症治療の専門医療機関を選定へ – 11月にも医療提供体制整備(医療介護CBニュース)

[ 元の記事 ]
出典元: 依存症専門医療機関の選定の手続きなどを記載した富山県のホームページ

富山県は12日までに、依存症治療の専門医療機関などを選定する方針を明らかにした。現在、薬物依存症とアルコール健康障害、ギャンブル依存症の専門医療機関と拠点機関を募集中で、早ければ11月にも県内の医療提供体制が整う見通し。【新井哉】

 2016年5月に閣議決定された「アルコール健康障害対策推進基本計画」では、アルコールの健康障害に関する予防から治療・相談まで「切れ目のない支援体制」の整備の必要性を挙げ、アルコール依存症の治療拠点となる医療機関の整備を求めていた。

 これを受け、厚生労働省は依存症対策総合支援事業の実施要綱を策定。都道府県や政令指定都市で依存症の拠点機関と専門医療機関の選定作業が進められている。

 富山県は、厚労省の実施要綱などを踏まえ、拠点機関と専門医療機関の選定要綱を策定した。募集期間は10月末までで、県知事が専門医療機関を選ぶ。拠点機関については、専門医療機関の中から条件を満たした医療機関を選定する方針だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする