リウマチの診療体制、専門医の地域偏在解消を – 厚科審部会の委員会が報告書(医療介護CBニュース)

[ 元の記事 ]
出典元: 厚生労働省が公表した「リウマチ等対策委員会報告書」

厚生労働省は12日までに、厚生科学審議会疾病対策部会の「リウマチ等対策委員会」がまとめた報告書を公表した。医療提供体制については、リウマチの専門医の地域偏在に触れ、医師の育成を進め、偏在を解消する必要性を挙げている。【新井哉】

 報告書では、リウマチ患者に対する医療提供について、▽診療連携体制の在り方▽診療の標準化・均てん化▽年代に応じた診療・支援の充実―などの課題を整理し、それらの課題を解決する方向性を示している。

 例えば、診療の標準化・均てん化に関しては、小児や高齢者などにおける最適な治療方法や、高額な生物学的製剤の使用方法の検討が「十分ではない」と指摘。薬物療法で疾患活動性が低下している患者への「薬物の減量・休薬・中止」に関する検討も不十分といった見解を示し、「関係学会は、国と連携し、診療の標準化を推進するため、診療ガイドラインを改訂し、普及させることが必要である」としている。

 また、日本リウマチ学会のリウマチ専門医の分布に触れ、地域偏在があるとし、「専門的なリウマチの知識と技能を有する医師の育成を推進し、地域偏在や診療科偏在の解消を図ることが必要である」としている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする