80歳以上の2割が「低栄養」傾向、男性は外出不足が要因? -17年国民健康栄養調査-(健康産業新聞)

[ 元の記事 ]
出典元: 今回初めて60歳以上の「骨格筋指数」が調査された

厚生労働省は11日、2017年の「国民健康・栄養調査」の結果を発表、依然としてカルシウム不足の状況にあることがわかった。

調査は昨年11月に実施、栄養摂取状況の調査実施世帯数は約3,000。今回は毎年実施している項目に加えて、「高齢者の健康・生活習慣の状況」を重点項目とし、高齢者の筋肉量等を初めて調査した。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする