“薄毛”の悩み、女性や若年層にも -「スカルプ市場」老若男女で需要拡大(健康産業新聞)

[ 元の記事 ]
出典元: スカルプケア製品の生産金額が大きく伸長

男性型脱毛症(AGA)など、かつては男性が主流だった薄毛の悩みだが、最近では女性の男性型脱毛症・FAGAという症状も確認されており、男女や年齢の区別なく、薄毛に悩みを抱える人々が増加している。

毛髪業大手のリーブ21が昨年11月、全国の10代~60代以上の男女4,800人を対象に実施した調査によると、「抜け毛、薄毛、脱毛が進んでいる」と回答した男性は41%、女性では25%。全体では推定4,270万人と、日本人の約3人に1人が「頭皮に関する悩み」を抱えているという結果だった。一昨年の調査からは約300万人も増加している状況だ。実際、ウルトラの父のPR広告でお馴染みの『チャップアップ』をはじめ、『リアップX5プラス』や『スカルプD』など、育毛剤やスカルプケア用シャンプーの動きは好調で、化粧品受託メーカーからは「最近は育毛剤の受注が増えている」「スカルプケア系シャンプーの人気は安定している」との声が多く聞かれた。

厚生労働省の薬事工業生産動態調査によると、毛髪用剤の薬用シャンプー・リンス、育毛剤の生産金額は、約569億円(前年比103%)となり、前年を上回っており、スカルプケア市場が右肩上がりで成長していることがうかがえる。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする