「機能性表示食品」摂取経験4人に1人、課題は認知度 -消費者庁-(健康産業新聞)

[ 元の記事 ]
出典元: 消費者庁「食品表示に関する意識調査」(n=10,000))

機能性表示食品は1,400品となり、特保の1,056品を大きく上回っている。参入企業は420社を超えて、カップラーメンメーカー、もずく・いくらなどの海産物メーカー、製パン企業など、特に一般食品メーカーの新規参入が盛んだ。出口戦略が立てられることから、地域活性の期待の星でもあり、各自治体によるダイレクトな支援事業も活発に行われている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする